« 2017年4月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

ブラックスター

梅雨明けを感じさせる夏日が多くなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は、大好きな夏の匂いに誘われて、美味しいお魚を求めてお天気が悪くても海に出掛けています。この季節の日の出は、午前5時頃なので薄明るくなる4時頃から、「黄昏時」と同様に、お魚の活性が高くなりますので、早朝のこの時間帯は釣人の気持ちも自然と高ぶります。黄昏時については、ご存知だと思いますが・・・朝夕の薄明るい時間帯に、出会った人の顔が見えるか見えないか?お互いの「確認」や「挨拶」が変化して、あの人は「誰それさん?」→「誰そ彼(たそかれ)」→「黄昏」と成ったとの事です。本当に日本語は、お洒落ですよね!

また、ある漁師さんは自分の掌を見て、手相が見えるか見えないか、その位の明るさが~「お魚が良く釣れる時間帯」だと教えてくれました。自然と共に生きる人たちの知識は、学校では学べない本物の知識だなぁ~と、感心します。

これは、有る漁港で私が実際に経験した出来事ですが・・・その日は、正に「黄昏時」の夕方に真鰯が良く釣れていました。そこへ地元の老人が自転車で現れておもむろに、時計を見ながら「あと○○分で鰯の群れはいなくなるよ~」「頑張って~釣りなさいよ~」と私に激励されましたが・・・意味が分からない私は「○△×?」の状態でした。そして予告された時間には、あれ程いた鰯の群れも、見事に姿を消し・・・周りにいた地元の釣り人たちも「そろそろ帰ろか~」と帰り支度を始めました。すっかり暗くなった漁港には、数人の釣り人がいましたが、「あのお爺ちゃん」は、この海の有名な「漁師さん」で「あの人が言う事は間違いない!」と聞かされました。それ以来、私は~地元の「老いヤン」には、一目置いて接するように成りました。

不思議な事に、大人に成ってから思い返せば・・・私は、学校の教科書に何ら疑問を持たない?「学校の先生」と呼ばれる人たちよりも学校の外で出会った「職人さん」から沢山の事を教わったと確信しています。その道の「職人さん」から教わった事は後々、役に立つ「知識」と成りました。特にお爺ちゃんやお婆ちゃんと呼ばれる「老いヤン」からは、沢山の「真実」を学ばせて頂きました。

また、余談に成りますが~将棋界に現れた「中学生騎士」の影響で、小学生・中学生の間で「将棋ブーム」が起こっているようです。私が子供の頃は、将棋などを通じて対戦する感覚と礼節を身に付けた人も多かったのでは?と感じています。何処にでもいる元気で活発な「ガキ大将」タイプの子供が、青白くひ弱な「がり勉」タイプの子供に、将棋などの「ボードゲーム」でコテンパンに負けて「苦やし泣き」する。そして、お互いが礼節を弁える人間に成長する事を遊びの中から、自然と学んだのだと思います。一般的には、スポーツとは程遠い世界に見える「ボードゲーム」から、私自身も沢山の事を学びました。私は、将棋の経験は殆ど有りませんが、囲碁を通じて「一目置く」と言う感覚や礼節が自然に身に付いたと自覚しています。そして・・・7月2日に、東京都の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメントで中学生騎士が、見せた「行為」に自然と涙がこぼれました。彼は、10時間を越える戦いの末、負けを読み取り投了を決めてから、静かに上着に袖を通し「負けました」と深々と頭を下げました。一方の相手方も、姿勢を正し深々と頭を下げました。何と美しい世界!改めて「武士道」の大切さを「中学生騎士」が体現してくれました。

060925

Blackstar
http://hgkmsn.hatenablog.com/entry/2016/01/17/163825

「武士道」については・・・

有名な新渡戸稲造の著書「武士道」を読んだ方も多いかと思いますが、私はこの本の中で書かれていた「切腹」についての記述と出合い「武士」と呼ばれる人たちの清々しさを感じ得る事が出来ました。そして、子供の頃から疑問の一つだった「切腹」についても自分なりに理解しました。

戦後生まれの私たちは・・・

日本古来の「道」がつくものは、戦後GHQに封鎖され古くて危険な思想だと洗脳された人たちにとって都合が良い人間に成るように教育されて来ました。そんな、私たち(シープル)の前に現れた「中学生騎士」は将棋道を通じて「夢と希望」の輝きを放っています。夏の夜の主役「アルタイル」のように!

GHQ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%8F%B8%E4%BB%A4%E5%AE%98%E7%B7%8F%E5%8F%B8%E4%BB%A4%E9%83%A8

GHQについては下記も参考に
http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/415544914.html

| | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年8月 »