« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

5.25 ARTISANAL COLLECTION

初夏の香りに包まれた気持ちの良い季節を皆さんいかがお過ごしでしょうか?

日頃の感謝の気持ちを込めたささやかなミニ・パーティーを、5月25日に
開催します。

当日(5月25日)の営業時間は、12時~17時までとさせて頂きます。

詳細は下記のHPをご覧下さい。

http://www.unbelcoloremellow.com/artisanal.php

| | トラックバック (0)

Navy Jacket

服好きの皆さんは、ご存知だと思いますが~
ネイビーの由来はイギリス海軍の名称が → Navyで・・・
軍服の色が濃紺だった為、現在ではネイビー(Navy)= 紺色と呼ばれています。
殆どの方が、紺色のジャケット・パンツ・コート等の男服の定番アイテムをお持ちだと思います。一般的なネイビー・ジャケットのイメージは、正統派!真面目!清潔!ですよね!

P2090019

勿論!私もネイビー・ジャケットは大好きです。
しかし・・・私の頭の中に有るネイビー(紺色)のイメージを解説すると・・・

①海の男服 → ②鉄紺→ ③鉄人・アイアンマン (ironman) → イギリス海軍 → ネイビー(Navy) → Navy Jacket になります。

①イギリス海峡にあるガンジー島で考案されたフィッシャーマン・セーター(漁師さんの服)の事で、鉄紺の太めの毛糸でガチガチに編み込まれた毛糸のセーターは、多少濡れても暖かく、焚き火も気にせず・・・海で生き抜く為の男服です。

②その色は、鉄紺と呼ばれる深い紺色(冬の海の色)です。

③この服を着た海の男達を、鉄人・アイアンマン (ironman)と呼ぶ。
正しく!タフガイ(tough guy)です。

この、①②③はあくまでも私の勝手な妄想?ですが~JAP'S の流儀として、タフガイ(tough guy)が納得する生地を使い・・・正統派!真面目!清潔!に仕上げなければいけません。

男の服
http://jap-s-factory.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-7580.html

冬の海へ
http://jap-s-factory.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-8f55.html

この生地は、強撚糸と呼ばれる糸で織られたポーラと呼ばれる生地です。
見た目の質感は野暮ったく、清涼感も有りません。
しかし、強撚糸が持つ独特の生地の張り・ザラツキ感は、独特の雰囲気が有ります。
(夏の定番素材のトロピカルとは正反対の表情です。)乱暴に扱っても皺になり難い丈夫な素材を使ったJAP'S流の Navy Jaket です!

05084

色や柄物の組み合わせは勿論!幅広い異素材(綿・麻・シルク)との組み合わせを楽しめます。綿100%の白シャツにも、糸の太さや織り方によって違いが有る事を知っている、
玄人向けのジャケット素材です!

05081

05085


こちらは、紺地に白のストライプが綺麗なウール100%です。
裏生地(キュプラ)の使用を最小限に抑えた仕立てです。

05103

05104



お手持ちの白シャツとメッシュのローファーを合わせてお楽しみ下さいね!

05083

201503205

| | トラックバック (0)

大阪市民の方へ

皆さん、GWはいかがお過ごしでしたか~?

5月17日の投票日を目前に、5月 5日  『大阪都構想』の危険性を明らかにする学者記者会見 が開かれたようです。この記者会見にお集まりになられた大学の教授の方々は本当に勇気の有る「国士」だと思います。このような、貴重な情報を、我々市民に提供して頂いた事に感謝すると共に、正しい投票が行われる事を祈るばかりです。権力者による不正を防ぐ為には、私たち国民が政治に興味を持つ事だと思いますので・・・紹介させていただきます。

お時間の有る人は、下記の動画を是非!ご覧頂き、TV等の情報に惑わされず、投票にお出掛け下さい。そして、私たちの大好きな「大阪」を守って下さい。

*************************************

2015 05 05 『大阪都構想』の危険性を明らかにする学者記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=H3g6IYx3cU4

お時間の無い方は・・・
下記の部分だけでもご覧下さい。

0:21:00~ 政府の防災への対応とは?・・・・民営化の危険性!

0:35:00~ ビジョンの無い都市計画・・・橋下市長の視点はお金のみ!

0:43:00~ インフォームド・コンセントとは?

0:54:00~ カジノについて・・・大阪の経済の実態!

1:02:00~ 大阪130年の歴史と間違った民主主義・・・住民投票の危険性!   

1:17:00~ 二重行政は世界の常識!

1:24:00~ 橋下市長の持ち込んだものは?・・・府と市の争い!

1:44:00~ 言論弾圧!・・・大阪維新の会とは??

*************************************

私には、難しい事は理解出来ませんが・・・
動画の、0:21:00~の河田教授のお話に出てくる水道の問題点と
0:54:00~の桜田教授のカジノのお話だけを聞いても・・・
『大阪都構想』を、推し進める橋下市長は危険だなぁ~と感じます。
特に、1:44:00~の言論弾圧の話は「大阪維新の会」の正体を明らかにしています。

*************************************

「大阪都構想の危険性」に関する学者所見

http://satoshi-fujii.com/scholarviews/ ・・・より抜粋・・・

西村 弥 (明治大学・准教授) 行政学、公共政策学  

東京では都が直営している地下鉄、バス、水道について、なぜか大阪都構想では民営化するとしている。東京で民営化の予定はない。民営化はそれ自体が複雑な政策パッケージである(分割の可否、上下分離か上下一体か、民間委託か完全民営化か、株式の保有比率・売却スケジュールはどうするか、組織編制はどうするか、役職員の職制・待遇はどうするか等々)。そうした複雑な政策パッケージが、「大阪都構想」というさらに膨大な政策パッケージと「抱き合わせ販売」されている点に危惧を覚える。大阪市民の「足」や「食の安全」に関する重要事項について、大阪市民は慎重に検討する機会を奪われてしまっているように見える。

中村寿子 (阪南大学・非常勤講師) 水環境学  

水道は、最も公共性が高い地域独占のライフラインであり、住民は選択不可能である。水道事業を規定する法律「水道法」には、「原則として市町村が経営する」と記されている。ただし、公営が良く民営はだめと決めつけるのは早計である。今までも大阪市水道局には、種々の批判される事象があった。しかし、大阪市水道局の「素案」を見ると、民営化の利点として挙げるのは、「生産性効率性を上げる」「経営の自由度をあげる」「アウトソーシング、契約社員、短期雇用…の活用」「海外への展開」等である。公共性を投げ捨てて利潤を追求するもの、と言わざるを得ない。大阪市が解体されて無くなると、必然的に大阪市水道局もなくなり、民営化される。

*************************************

こちらの記事もご参考に!

水道局を民営化したらどうなるの? ~イギリスの事例~
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=163741

水を人々の手に取り戻す ~民営化ではないオルタナティブを模索して~
http://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/section2/2007/05/post-246.html

*************************************

正しい投票が行われる事を祈念します。

| | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »