« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

素材の話し・・・2

例えば、着心地・耐久性を基本に、色や柄が考案されて完成した生地Aと・・価格・時代性を基本に、色や柄が考案されて完成した生地Bが有ると仮定した場合、Aの生地は結果的に、Bの生地よりも価格は高くなる場合が多いです。
この2つの生地を使い、全く同じデザインのシャツを作った場合の着心地・耐久性はAが勝る可能性が高くなり、価格・時代性は、Bが勝る可能性が高くなると思います。これは・・・当たり前の話ですよね!

ここで、注意して欲しいことはせっかく良い素材として生まれて来たモノでも、生地になる段階で人間の力によって・・・
「方向性を変えられてしまう!」という事です。生地を作る場合、糸の打ち込み本数や加工される途中で混ぜられるモノによって、「方向性を変えられてしまう!」のです。

これはシャツ生地だけの話しではなく、私たちの周りにたくさん存在している素材は殆どが加工されています。
小麦が加工されて・・・パンになったり・・・大豆が加工されて醤油になったり・・・お米が加工されてお酒になったり・・・人間の知恵と工夫で無限に加工され、新しい商品が時代のニーズに合わせて生まれています。そしてその商品は、お店に並び消費者に購入されて行きます。良く売れる商品は、どんどん類似品が作られ価格も内容も同じような方向に流れて行きます。一方、あまり売れなかった商品はお店に並ぶ場所が無くなり・・・やがて姿を消します。
そして、良く売れた商品=良い物と勘違いされているようです。この現象は、日常的に消費される食料品や薬品に特に多く見られると思います。

お醤油の話し・・・

仕事で香港に行った時の事ですが・・・
香港のレストランで使われている醤油が口に合わない私は、「あの不味い醤油は何なのか?」
料理の見た目は「美味しそう!」なのに・・・と、ぼやいていました。

そしてある日、あの不味い醤油の正体が牡蠣油(オイスター・ソース)や魚醤油だと知った私は、「マイ醤油」を日本から持参するようになりました。そしてある日・・・「日本の醤油」をレストランのテーブルに置いて食事をしていると・・・厨房の奥から出て来た中国の料理人たちが「味見をさせて欲しいと・・・」頼んで来ました。

私は誇らしげに彼らに醤油を手渡して、様子を見ているとその味に魅了されたようでしたので・・・
「ジャパニーズ(醤油)ナンバー・ワン!?」と私が声をかけると、彼らは笑顔でうなずいていました。
普段、何気なく使っている醤油にもたくさんの種類や加工方法が有るのだと知った私は、改めて「日本の醤油」を見直しましたが・・・・

スーパーの棚に並んだ醤油の価格は、100ml/¥500~1000ml/¥500と、10倍以上の価格差が有る事に驚きました。
品質表示を見ると、高価な物は大豆・小麦・塩で作られていますが、安価な物は、大豆・小麦・塩に、たくさんの混ぜモノが多く含まれている事実を発見しました。これは、お醤油だけではなく他の主食にも当てはまりました。

もともと服の品質表示に興味を持った事が原因で空想好きな私は、食品や薬品も品質表示を見て作り手の考え方や方向性を考察する「空想ゲーム」を楽しんでいますが・・・特に食べ物は、「味」が云々と言うよりは何が使われているのか?が大切な判断材料だと思っています。

しかし・・・混ぜモノの殆どが科学物質なのを知らないで、無用心に体内に取り込んでいる人が多いのでは?
外部からの影響も大きいのでは?と・・・心配しています。

この与太話に興味を持たれた方へ・・・

2012年10月10日  衣・食・住と「三方よし」の関係  もご参考に!

下記は恐ろしいニュースですが・・・真実を知っていただく為に!

衣食住すべて「毒だらけ」…学校制服に発癌性物質=中国
【社会ニュース】 2013/02/18(月) 12:36 

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0218&f=national_0218_022.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の海へ・・・

冬至を迎えいよいよ本格的な冬到来ですが皆さんお元気でしょうか?

私ごとですが・・・
この季節の海は本当に日が短くて寒いですが~美味しい海の幸を求めて、ついつい出かけたくなります。
今時の防寒着(ナイロン系)を着れば暖かいのですが・・・焚き火の火の粉には、めっぽう弱いので、高価な防寒着は出番が少なくなります。

Cimg7355

そこで!冬の海=焚き火!=多少の火の粉には気にしなくて良いウールとレザーの出番となります。
寒い北欧で考案されたウール(羊毛)素材は、濡れても暖かく火にも意外と強いので、海の男たちの衣服としては完成度はかなり高いと思います。一方のレザー(革)も働く男たちの手袋や靴は勿論!全てのアイテムに使われています。
まぁ~寒い冬の海で、原始的な焚き火なんか楽しむのは・・・私と同じ変人だけですが・・・

Cimg7353

写真のコートなら・・・都会での生活にもきっと!お役に立てると思います。

神様から届いた、クリスマス・プレゼントですね~「羊さん」に感謝です。

Cimg7357

http://www.harristweed.org/   ← これを見ると・・・冬の海が恋しくなりました。

2014年も皆様にとって良い年に成りますように~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »