« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

男の約束・・・

スーツの主は、スポーツ刈りが良く似合う野球少年で、野球仲間の面倒を良くみる頼もしいキャプテンでした!
「お前!このシャツ、似合いそうやから・・・こうたるわ!」っと・・・バイトで稼いだお小遣いを気前良く友達の為に使う親分肌を感じさせる彼の言動に、私は「男前やな~!」「今時、少なくなった・・・硬派な悪がき!」の印象を持ちました。
社会人になった彼はますます男に磨きをかけて、職場でも学生時代の仲間の面倒を見ながら・・・
今は会社の役員まで出世されました。

Cimg6948

大人になった彼が・・・「自分は、ここの服を着れる人間とは思っていませんでした。・・・」と、私に話したことがあります。私は彼に・・・「誰でも中学生や高校生の時には大人の男服はそう見えるのが当たり前でしょ?」・・・「社会人に必要な男服はある意味、戦闘服だからね!」・・・こんな内容の会話をしたのを昨日のように覚えています。

Cimg6951

入社式や成人式は勿論!友人の結婚式にも・・・私たちがお作りする男服を着用していただきました。
そして、今回のブライダル・コスチュームのご依頼も、「挙式までに、身体を仕上げるので・・・少し、小さめに!作って欲しい!」と・・・彼らしい男前なオーダーでした。

仕事用のスーツなら、最悪の場合は作り直す事も出来ますが、ブライダル・スーツは当日に着れないと、洒落では済まされませんので通常なら、お断りするのですが・・・服をオーダーする意味を知っている硬派な彼と「男の約束」を結ぶ事になりました。

Cimg6960

Cimg6946

服をオーダーする意味とは・・・

私は、一人の男が肉体的にも、精神的にも成長して落ち着く年齢が、25歳前後だとある書物で知りました。
自分の経験からも、大人としての意識が芽生えるのもこの頃だと・・・記憶しています。
この年齢を既に経過している人なら理解出来ると思いますが、仕事も遊びも、一通り味わった頃ですので・・・
いろんな物事に対して自分の物差しが出来つつある年齢が25歳前後だと言えるのだと思います。
この頃から、会社の先輩や同僚の結婚式へ出席したり・・・自分へのご褒美として、スーツやシャツをオーダー
したりするのですが・・・決して、既製服のサイズが合わない体型になったからと言う理由でオーダーするのではなく・・・
自分の着たい素材や着心地を求めるのは勿論、自分が一番光っている今を証拠として残す為に自分の服をオーダーして欲しいと思います。

Cimg6954

そして、その服をいつまでも着こなせる体型と侠気を維持する事を人生の目標にされる事を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »