« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

お知らせです

この秋のお勧めベストのサンプルが完成しました。重厚な素材感は、シャツは勿論!ニットとの重ね着も楽しめますので・・・今回のお勧め SCAPA  SPORTS と合わせてお楽しみ下さい。製品は来月の入荷予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

ウール90%・ナイロン10%の変わり織りの珍しい生地です。

Cimg5994

背中は綿100%、JAP'S の基準をクリアしたシャツ生地です。

Cimg5993

色違いも有りますので・・・お楽しみに!

Cimg5865

こちらは、ベルギーのニットブランド、SCAPA  SPORTS のVネックセーターです。綿70%・ウール30%の肌触りの良い素材と綺麗な色は流石です!

Cimg5940

ネイビーのVネックは、白のパンツで・・・冬のマリン!

Cimg5930

都会の不良!モッズ・・・の定番です。

Cimg5929

白シャツには、こちらの杢グレーがクールですよね!

Cimg5938

サイズは、S~XLまで入荷する予定です。このブランドは特に、ホームウェアも素晴らしいですので・・・ご参考に!

SCAPA のHPです。 →  http://www.scapahome.eu/w2012/  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝ている時も、起きている時も快適に!

熱帯夜が続きますが・・・皆さんお元気でしょうか?
今回は、毎晩お世話になっているシーツのお話です。
シーチングと呼ばれる生地は安価な単糸の平織りが殆どで、シーツの語源はここから来たようです。しかし、高級なシーツになると80番手以上の双糸でしっかり織られていますので、耐久性は勿論!優しく包み込んでくれるような滑らかな肌触りになります。毎日の快眠と良い夢を見る為の贅沢な生活必需品です。誰もが憧れる世界の一流ホテルは、旅人に快適な時間を提供する為にさり気なく良い物を使っています。ベッドリネンは勿論、食器や木製のハンガーやタオルに靴磨き!・・・全てが贅沢な生活必需品で、どれもこれも欲しい物だらけでした!ホテルの滞在期間中で最も長い時間を過ごすのは、実はベッドの中(シーツの上)です。この事に気が付いた私は・・・だったら!あのホテルのシーツと同じレベルのシャツを最低でも着て生活したいなぁ~なんて思った次第です。こうして私自身が満足出来る生地の最低基準は決定されたのです。

Cimg5890 Cimg5892

その基準のシャツとは・・・
綿100%で先染めの経緯80番手の双糸で織られた(打ち込み本数は200本以上)生地です。しかし、そんな贅沢品の生地はお金持ちのオジサン用オーダーシャツ生地しかありません!オジサン用の高級ワイシャツ生地を、普通のオジサンが喜ぶワイシャツ?に仕立てるのは、JAP'S の流儀ではありませんので・・・毎回、少し?イングリッシュ(捻り)を効かせて大手アパレルメーカーでは作れないシャツに仕上げています。一言で説明すれば・・・下着として手軽に扱える耐久性と着心地のバランス!襟とカフス部分は特殊な縫製を施していますので・・・糊付けやアイロン掛けの必要ありません。皆さんも下着にアイロン掛けはしませんよね!それに、アイロンの熱で変色させるのも勿体無いので・・・自然乾燥が一番です。

Cimg5867

スーツに合わせる通常のドレスシャツはネクタイを締めて裾をパンツの中に入れて着る事(タックイン)が基本ですが・・・シャツの裾をタックインするのが嫌いな私は、以前からスポーツシャツやアロハシャツに多いスクエア・ボトム(水平にカットした裾)のドレスシャツを探し求めていたのですが・・・なかなか、納得出来る物は見つかりませんでした。そこで、自分が満足出来る生地を使い、重ね着がし易いデザインを服好き人間たちと試行錯誤を繰り返し作ってきました。今回のボタンダウンシャツは、私達と同じようにタックインするのが嫌いな人がノーネクタイでジャケットを羽織っても、シャツの裾がはみ出さない仕様で、ベストの着丈にも合わせ易い裾のデザインや襟とカフスの形・・・どれもこれも、ドレスシャツの定義に反するディテールです。しかし!ネクタイを締めてタックインして、ジャケットを羽織ればドレスアップも出来ますので、スーツを着る日も着ない日もお役に立てるシャツとして、新たなJAP'S定番の仲間入りです。

Cimg5885

Cimg5878

Euston1

こちらは通常のシーツ生地(シーチング)と今期のお勧めスェードのウィングチップです。

Cimg5888

スェードの靴は、お手持ちのニットの素材感や色と合わせ易い色を選ぶのがポイントです。

Cimg5858

★男だけが楽しめるネクタイ・・・季節感もお忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »