« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

クール・ビズ?

人間が生きて行く為に必要な道具として考え出された衣服は国によって様々に進化しました。私達の日本国では、綿や麻などの植物繊維を使った着物から現在の洋服に変わったのは、明治維新から大正、昭和・・の僅か150年程のようです。当時の高価な本物を身に付けていたのは一部のお金持ちだけで、一般庶民は表面的に真似をして作られた洋服?らしきモノを着ていたのです。 その証拠は・・学校の制服に使われた素材やデザインが、当時の大人たちの洋服に対する知識不足を表していると思います。粗悪なウールとポリエステルの生地で作られた学ラン、綿とポリエステルの安価な生地で作られた白シャツ・・・貧乏学生の私にとっては、本当に痛い出費でした。大人(社会人)になっても、使える革靴や綿100%の白シャツなら納得できたのですが・・・。これは、洋服だけの話しではなく車や電化製品は勿論、生活様式も全て・・戦後、西欧文化の影響を受けて表面的なカタチを真似して作られたモノだったと思いますが・・・どうせ真似をするなら、本物の真似をしてほしかったなぁ~と思いますね。洋服の場合・・・表面的なカタチではなく、本質的な部分である素材を真似して欲しかったと思います。表面的なカタチ(デザイン)は時代と共に変化しますが・・・良い素材から得られる、経験は将来必ず役立つと思います。

私自身も、子供の頃に見た映画のカッコイイ 俳優の真似をして、タバコを吸ったり、ビリヤードを始めたり・・今思えば全て、当時の大人たちの影響を受けて自分も成長したんだなぁーと思います。特にお洒落に関しては、高校生からの愛読書ヴォーグの影響は大きかったと思います。麻のシャツやジャケットにサマーウールのパンツを着こなした大人の真似をしていた私は、暑い季節に・・・半袖の形状記憶シャツにネクタイをしている当時の大人たちのファッション?が理解できませんでしたが・・・

近頃は喜ばしい事に、クール・ビズ?なるスタイルが認められて、社会人の常識だった半袖シャツにネクタイのスタイルも減り、やっと季節に合っ着こなし方が提案され始めました。暑い季節はネクタイを外して快適に仕事をしましょう!・・・エアコンの設定温度を見直して着る物で工夫しましょう!・・・しかし、残念な事に、カタチの真似事が殆どで・・・季節に合った素材の着こなしを理解して本当の意味で、洋服を楽しんでいるお洒落人はかなり少ないなぁ~と思うこの頃ですが・・・

一方、スポーツ選手が着ていたスポーツウェアーは機能的で無駄を省いていたせいか?素直にカッコイイなぁ~と、憧れのスタイルとして今も記憶に残っています。その理由は、使用目的がはっきりしているモノは作り手のメッセージが伝わりやすかったのだと思います。その時点での完成度は低くても、使用目的がはっきりしているモノは使う側に喜ばれる方向に正しく進化して行くのだと思います。まだ、正しく進化していない学生服をはじめ・・・今流行りのクール・ビズ?も、正しく進化してくれる事を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大切な人の為に・・・

スーツの主は高校生の時から背伸びした大人の服が好みの方で・・・1本のデニムをずっと愛した人です。
私は彼が高校生の時から穿いていたデニム(517)を何回も修理を依頼されました。
正に・・・あのデニムは彼と共に成長して行きました。
大学生の頃には、デニムに白シャツや革靴を合わせたりしていた前衛的な存在で、彼の愛したデニムは今時の後加工デニムでは絶対に真似できない・・・彼の青春時代が染み込んだ彼の作品に思えました。当時から物を大切にする精神は本当に男前でした!

Cimg5646

そして今回、光栄な事に・・・大切な花嫁さんをエスコートする為にウールと麻で織られた生成りの特別な生地でスーツを、お作りさせて頂きました。

Cimg5647

お二人の記念日には、あの大切な517にこのジャケットを羽織り、スェードのローファーで海岸通りを散歩して欲しいなぁ~と思います。

Cimg5676

       大切な人と・・・いつまでもお幸せに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »