クリーニングについて・・・

師走

早いもので、今年も残り1ヶ月を切りましたが・・皆様、お元気ですか?毎年この季節は・・大切な人達へのお歳暮やクリスマスプレゼントや年賀状等・・心使いが忙しくなります。仕事もプライベートもピークを迎え、あっという間に・・大晦日!?なんて事にならないようにお気をつけ下さいね。

13226311

前回のクリーニングの追加ですが・・・
風邪予防にも役立つ部屋干しについてご紹介させて頂きます。湿度とウィルスの関係は、部屋の湿度が低下するとウィルスに感染しやすくなります。加湿器などが有れば効果的ですが・・お気に入りの服を洗濯後エアコンの付近に干す事で部屋の湿度と温度をキープできます。洗濯の際にお好みのアロマオイルを、適量混ぜておくと部屋中に広がりご機嫌です。特にウールのマフラーやセーターは効果的ですよ!身に付ける物に自分流の残り香を移す隠し技です。

★興味のある方は風邪予防にもなると思いますので・・・自己責任でお試し下さいね。

13226314

写真は冬の必需品の・・ウール100%の渋い柄と色合いが流石イタリア!一本の糸を作る段階で多彩な色が組み合わせられていますが・・素材と色のバランス感覚が絶妙です。カラーコーディネイトのお手本にしたいですね!

Cimg5393

Cimg5394

Cimg5395

Cimg5392

皆さんの身近な所にも神様が組み合わせた・・この季節限定!のお手本が沢山有りますので散策に出掛けて下さいね!

P2011_1203_090248

P2011_1204_094143

いつも思いますが・・・自然界が造り出す作品は本当に素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯について

お出掛けが楽しい季節の到来です!皆さんお元気にお過ごしでしょうか?先月から数件、クリーニングについてのお問い合わせが有りましたので・・・お気に入りの服を清潔に着て頂く為に今回は男服の基本アイテムであるシャツの洗濯方法をご紹介させて頂きます。

★ご自宅での洗い方★

①シャツの釦を全て留めた状態で、裏返してから洗って下さい。(貝釦を使っていますので割れるのを防ぐ為とシャツの汚れは通常の場合、身体に接している内側が汗や皮脂で汚れています。)
②脱水後、裏返したままハンガーで部屋干しか陰干しして下さい。乾燥機は使いません。(ハンガーに掛けたままの保管の場合も直射日光による変色、日焼けを防ぐ為です。)
③通常、アイロンを掛ける必要は有りませんが・・・
当てる場合は中低温で当て布をして必ず、裏側から当てて下さい。(全ての素材の敵はアイロンの熱と乾燥機の熱です。)

★衿とカフス部分の汚れがひどい時は・・・入浴時にぬるま湯を使い石鹸とボディーブラシで軽く洗ってから洗濯機で洗うと完璧です。クリーニング屋さんに支払うお金を貯めてお気に入りのシャツを増やしたい方は是非!お試し下さい。

★上記の洗濯方法は他のアイテムにもあてはまりますので、ご参考に!

07811

大量生産の形状記憶シャツは、学生服と同じで水洗いしてもサイズ変化が少ない科学繊維(ポリエステル・ナイロン等)を使っていますので丈夫で取り扱いは簡単ですが・・・自然なシワも無く、無機質な表情が苦手な私は、中学生の頃から綿100%のシャツにこだわっていました。そして、この仕事を始めた頃から納得できるシャツは高価でとても買えませんでしたので自分が働く為に必要な白シャツを作るようになりました。綿100%の双糸で織られたブロード生地と白蝶貝の釦を基本に出来るだけ無駄を省き丈夫で着心地が良く、仕事にも休日にもパーティーにも使える白シャツを目標に試行錯誤を繰り返して来ました。

シャツ生地に使われる綿の糸には、1本の糸から出来ている単糸と2本の糸から出来ている双糸が有りますが大量生産で使われるシャツ生地は殆どが単糸です。デニム生地などは太くて丈夫な単糸で織られた代表的な織物ですが、ゴワゴワした硬さが有る為に素肌に着るシャツには適しません。太い糸は繊維質の短い材料でも作れますが細い糸は繊維質が長くて丈夫な材料が必要です。この材料にスピン(撚り)をかけて、1本の糸を作りますが細くしなやかで、丈夫な糸を作るには良い材料と手間が掛かる工程が必要です。また双糸で織られた生地は丈夫で、滑らかで自然な光沢が有ります。洗濯を繰り返し何年経過しても、双糸で織られた生地は縮みも少なく風合いも変わりません。

Cimg5314

何の変哲も無い白生地にも使われている糸と、織り方で耐久性や着心地に天と地ほどの差が出ます。生地の生命力は、肉眼では判断できない一本の糸によって左右されます。シャツ生地に使われる糸の太さを表す数字は大きいほど細くなりますが通常のシャツ生地は50番手くらいが多く、世界的に有名な高級ブランドのシャツ生地は80番手以上が殆どです。(最高級のオーダーシャツの場合は120番手以上の生地も使われますが強度が落ちる場合も有りますので注意が必要です。)80番手以上の双糸で織られた生地は、生地の入手が困難で縫製技術もかなり必要です。ミシンの針よりもはるかに細い糸で織られた生地はデリケートで縫い直しが困難で価格もかなり高いですが、長い目で見ると双糸で織られた生地は耐久性・着心地は勿論・・・愛着度まで違います。1本の糸が持つ不思議なパワーは着た人を必ず納得させます。数年経過してカフスや襟の内側が擦り切れてもカッコイイ!本物の男服になります。

07821

現在、私達がお勧めしているシャツは通年着用して頂く為に、耐久性と着心地のバランスが取れた綿素材を厳選し、襟やカフス等の細部に特殊な縫製を施していますので、手軽に洗濯してアイロンも掛ける必要はありません。自然で上質なシワを楽しむ事が出来れば仕事も遊びも同じ白のシャツ1枚で満足して頂けると思います。

Cimg5311

味覚の秋色シャツの完成です!幸せを探しに・・・お出掛け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)